HOME > 絵は早いうちから学び始めよう

絵は早いうちから学び始めよう

 
中学生で将来イラストの仕事に興味がある人や、専門学校に将来通う予定があれば早くから学ぶことをお勧めします。
 
一つのことを極めるにはどうしても時間がかかります。
基本を徹底的に覚える必要もありますし、練習を重ねて手が覚えるまで数年はかかるでしょう。
つまり専門学校に入学してから学び始めると遅いんですね。
 
スポーツの世界でも若くして世界的に活躍しているプレイヤーがいますが、それは子供の頃から厳しい練習を積み重ねてきた結果なんですね。
1日に5時間など学校以外のプライベート時間を使って練習しているんです。
それを何年もかけているのですから上手くならないわけはありません。
なるべく早くから学び始めること、そして時間をしっかり確保すること。
これが重要なんです。
 
基本的に専門学校は2年制の所が多いのですが、1年目は勉強と同時に就職活動用の作品作りがメインとなります。そして2年生の中盤には就職活動の最盛期です。そのため練習中の作品を就職活動に使うことになり、上達してきたところでその作品を数点しかポートフォリオに入れられないということになってしまいます。
ですので、絵を学び始めるには早い方が良いんですね。
 

この絵師通信は年齢に関係なく若いうちから始めることができます。
絵は高校を卒業してから始めれば良いと思っている人も多いと思いますが、それではライバルに差をつけるどころか逆に遅れを取ってしまうことになるかもしれません。
 
テキストや課題は反復練習を積み重ねることを前提として作られています。
これはスポーツ選手が練習する時に何度もフォームを修正する過程と同じことでとても重要です。
それだけ絵師通信は通信講座でありながら成長するメソッドがいっぱい詰まっているんです。
 
ぜひ絵師通信で腕を磨いて上手くなっておきましょう。
そうすることでいざ必要な時に必要な技術で作品を作ることが出来るようになります。